HOME > 学科紹介 > 照曜館 > 高大連携プログラム

立命館大学 生命科学部 「高大連携協定校プログラム」

照曜館では、立命館大学 生命科学部の「高大連携協定校プログラム」を実施しています。このプログラムは、インターネット回線を利用した「Webライブ講義」とスクーリングによる 「対面型の講義」を組み合わせたものです。

高校3年生の希望者にパソコン教室で大学の講義をライブで受講させ、理工系で学ぶ意義を理解させるとともに、モチベーションを高めることを目的としています。

なお、プログラム修了生を対象とした「高大連携協定校特別推薦(指定校推薦)」の入学制度も併設しています。

立命館アジア太平洋大学 「APU 高大連携協定校プログラム」

「APU高大連携プログラム」は、本校で実施する『APU アカデミックラボ』の受講と、立命館アジア太平洋大学を実体験する『キャンパス体験企画』の2つで構成されます。
 
『APU アカデミックラボ』は、高校3年生を対象としてAPUより先生を招き、講義や少人数のゼミ・ワークショップなどを中心とする企画を行うものです。受講者はレポートを作成し、後日大学教員からコメントペーパーを受け取ることができます。
『キャンパス体験企画』は、立命館アジア太平洋大学の特徴や学びの内容を理解するため、オープンキャンパスに参加し、レポートを作成して大学へ提出するというものです。

この2つのプログラムを受講した生徒は、「協定校推薦入試」の出願基礎資格を得ることができます。