お知らせ

弁論部 福沢諭吉弁論大会 2年連続の最優秀賞獲得!

部活動

12月2日(金)、大分県中津市で開催された、『福沢諭吉記念第61回全国高等学校弁論大会』に、照曜館コース2年の田中千夏さんが出場しました。

 

福沢諭吉の遺徳を偲ぶ同大会。

北は北海道、南は沖縄まで、全国から応募された原稿の審査を通過した弁士が集まりました。

田中さんは昨年の大会で最優秀賞を受賞しています。今年は連覇のかかる大会でもあります。

前日の1日(木)、中津市役所にて、当日の発表順を決める抽選会が行われました。

田中さんは11番目を引き当てました。

いよいよ本番当日。

開会式にて、去年持ち帰った優勝旗とトロフィーを返還しました。

代わりに、トロフィーのレプリカが贈呈されました。

今年も昨年と同じく、期末考査の勉強と同時並行で練習を重ねてきた田中さん。

今年の題名は「言の葉は紡ぐ」。

コロナ禍の中で気づかされた言葉の大切さを、聴衆に訴えかけます。

プレッシャーに打ち勝ち、堂々と弁論を行いました。

全弁士の発表が終わり、いよいよ結果発表。

田中さんの名前が呼ばれたのは、今年も一番最後。

全体の1位にあたる最優秀賞を獲得しました!

 

個人としては、史上初の連覇

会場から惜しみない拍手が起こります。

表彰式では、優勝旗と、

賞状、

そして優勝トロフィーを、奥塚中津市長より贈呈していただきました。

表彰式終了後は、奥塚市長とも記念撮影を行いました。

今年も、新聞社の方からのインタビューに臨んだ田中さん。

「『連覇できて、ただただ嬉しい』、その一言に尽きます!」

そう語ってくれた田中さん。

今週10日(土)には、佐賀県で行われる高文連の九州大会にも出場します。

そこでも堂々と、自分の思いを言葉にのせて欲しいですね!

本当におめでとうございました!


学校法人 東筑紫学園 東筑紫学園高等学校

〒803-0841 福岡県北九州市小倉北区清水四丁目10-1
TEL:093-571-0488 FAX:093-571-0487
E-mail:chukou@hcg.ed.jp

アクセス