お知らせ

理科部・ギター部合同 ラムサールイベント

部活動

10月20日(日)、北九州市響灘ビオトープにおいて

ラムサール条約登録に向けてのアピール活動をしました。

会場の響灘ビオトープ ネイチャーセンター

 

 

響灘ビオトープでは今月10月を「ラムサール月間」としており、ポスター掲示をさせていただいています。

また、理科部主体で活動している『ラムサール条約登録実行委員会』の発足2周年記念イベントにもなっています。

 

 

今年7月に井筒屋で行ったイベントと同様に(⇒ https://www.hcg.ed.jp/information/1619/

理科部とギター部の合同参加です。

写真左がギター部、右が理科部。

中高生を合わせて22名でイベントを盛り上げました。

 

 

 

まずは理科部員によるプレゼンテーション。

広谷湿原の成因から、現在行っている保全活動についての説明を行います。

 

 

 

折角なので、子供向けに科学実験も披露しました。

「魔法の泡」や「大気圧」、「エタノールロケット」などの

理科部お馴染みの実験たちです。

 

 

 

その後はギター部にバトンタッチし、ギター演奏です。

まずは3曲披露していただきました。

<NHK>2020応援ソング「パプリカ」など、流行の曲もありました。

 

 

 

 

教員と生徒のコラボレーションなども。

 

 

 

イベントの雰囲気はとても良い感じでした。

 

 

 

 

 

メインイベント後、響灘ビオトープのスタッフの方に

ビオトープ内を案内していただけることになりました。

 

ビオトープの入り口には、こんな注意書きがあります。

靴底に付いているかもしれない種子を、しっかり落とします。

 

 

 

マットの上でランニングする理科部の図

・・・若さを感じます。

 

 

 

響灘ビオトープは、元々廃棄物処分用の埋め立て地だったのですが、雨水が溜まって湿地ができ、絶滅危惧種が生息し始め、北九州市によって整備された場所です。

○ 太陽光・風力発電による再生可能エネルギー

○ 北九州響灘工場などのリサイクルセンター

○ 響灘ビオトープに生息する多種多様な生物

 

「この3つが、一望できる一カ所に共存できているのは、世界でもココだけだろう」

とスタッフの方は胸を張っておられました。

 

環境に興味のある方は、是非とも足を運ばれて下さい。


学校法人 東筑紫学園 東筑紫学園高等学校

〒803-0841 福岡県北九州市小倉北区清水四丁目10-1
TEL:093-571-0488 FAX:093-571-0487

アクセス